0%

  • story
  • line スタンプ
  • 平祐奈 LINE LIVE
  • プレミア先行試写会!
  • Relife連載中 comico(コミコ)はこちら
  • ムビチケ
  • リライフオフィシャルブック発売
  • Relife X NailQuick
  • Line Archive
  • フルービー
  • 仙台ロケ特集
  • エイプリルフール

海崎新太、27歳。ある事件をきっかけに5ヵ月で会社を辞めて以来、ニート生活を送っている。謎の男に誘われた海崎は、見た目だけ10歳若返る薬を飲んで、1年間限定で高校生活を送るという社会復帰プログラム「リライフ」に参加する。10歳年下の個性的なクラスメイトたちと日々を過ごすうちに、海崎の止まっていた時計が動き出し、限られた〈今〉を精一杯生きるようになる。

原作は、16〜19歳の約4人に1人が利用する人気No.1のマンガアプリ「comico」で、連載スタート時よりランキング1位を独走中の「ReLIFE」。ありそうでなかった独創的な設定と、主人公が自分の人生を真摯に見つめ直していく姿やクラスメイトとの青春ストーリーが、10代だけではなく20代、30代の共感も呼んでいる。この大ヒットコミックが、単行本化、アニメ化、舞台化に続き、待望の映画化となる。

主人公の海崎を演じるのは、NHK大河ドラマ「真田丸」などで注目を集める18歳の中川大志。中身は27歳のまま見た目だけ17歳になるという難しい役を演じきり、その実力を見事に証明している。W主演を務めるのは、2017年に6本の映画が公開予定、ブレイク間違いなしの平祐奈。不器用な女子高生・日代を演じ、女優としての新境地を開拓。この2人をはじめ、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵、そして千葉雄大といった、瑞々しさと演技力を兼ね備えたキャストが集結した。

「もしも高校時代に戻れたら?」という妄想は、誰もがしたことがあるだろう。27歳の海崎の場合は、自分のような後悔をしてほしくないという思いに突き動かされ、10歳年下の仲間たちに数々のアツい言葉を投げかける。リライフが終わると、周囲の人間から海崎に関する記憶は失われるという。そんな葛藤を抱えながら精一杯今を生きようとするこの青春劇を脚本化したのは、「マルモのおきて」の阿相クミコ。かけがえのない高校3年生の日々を、四季の風景のなかに映し出し、映画オリジナルの感動的な結末へと導くのは、『今日、恋をはじめます』や『クローバー』の古澤健監督。そして主題歌は、19歳のシンガーソングライター井上苑子が本作のために書き下ろし、さらにラストシーンを彩るエンディングテーマ曲は、ケツメイシの名曲「さくら」を井上苑子がカバーした。爽やかな感動と切ない涙は、きっと観客の心に余韻を残すだろう。

海崎新太は新卒で入社した会社を、ある事件をきっかけに5ヵ月で退職。その後再就職を試みるも不採用続きで、気づけば27歳になっていた。

ある日、謎の男・夜明了が海崎の目の前に現れ、「人生、やり直してみませんか?」と声をかける。その内容はニートを対象にした社会復帰プログラム「リライフ」への参加、見た目だけ10歳若返り、1年間限定で高校生活をやり直すというものだった。実験中は生活費が支給され、終了後は就職の斡旋もしてくれるという。失うもののない海崎は、なかばヤケクソ気味に二度目の高校生活に飛び込んでいく。

青葉学園3年6組の編入生として、海崎のリライフ生活がスタートする。教室には彼のサポートと監視をするために、やはり高校生に若返った夜明の姿があった。プログラム終了後の就職斡旋が目当ての海崎は、10歳年下のクラスメイトたちに深入りせず、影の薄い存在のまま、1年をやり過ごそうと考えていた。しかし、成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴の日代千鶴が、自分の殻を破ろうと努力するひたむきさに心を打たれ、彼女の友達作りに協力するようになる。
海崎の日代へのアドバイスは「笑顔」。ところが、日代はうまく笑えず、ニタリ。日代に嫉妬する狩生玲奈は、日代にバカにされていると思い込んでしまい、魔が差して日代のカバンを隠そうとしてしまう。そんな狩生に気づいた海崎は、会社員時代に人を妬む心によって引き起こされた悲劇を思い出し、狩生に「人と比べるな」「頑張ることを諦めるな」と言葉をかける。

その狩生が好意を寄せるのは、見た目はチャラいが成績優秀で委員長も務める大神和臣。2人が両想いだと気づいた海崎は、「目の前にいる人が突然いなくなることもある」と、大神に狩生へ告白するようアドバイスする。
「影うすく、さらーっと一年過ぎてくれればそれでいい」そう思っていた海崎だが、気づくと、日代や大神、狩生そして狩生の親友でクラスメイトの小野屋杏達とかけがえのない仲間になっていた。同時に、日代への恋心も日に日に強くなっていく。けれども彼女は10歳も年下の女子高生で、実験が終われば彼女の記憶から海崎は消え、二度と会えなくなる存在だ。一方の日代も海崎に惹かれていたが、彼女もまた、誰にも言えない秘密を抱えていた。はたして、2人の恋の結末は?

そして、リライフを終えた海崎が選択した未来とは?物語は驚きと感動のラストへと動き出す。

  • 中川大志as海崎新太

    1998年6月14日生まれ、東京都出身。TVドラマ「家政婦のミタ」(11/NTV)の長男役で注目され、MBS深夜ドラマ「監獄学園ープリズンスクールー」(15)、CX「南くんの恋人〜my little lover」(15)で主演に抜擢される。
    16年は、NHK大河ドラマ「真田丸」に豊臣秀頼役で出演。その他の主な出演作として、「水球ヤンキース」(14/CX)、「重版出来!」(16/TBS)、初主演映画『青鬼ver.2.0』、『通学途中』(15)、『全員、片想い』、『四月は君の嘘』(16)などがある。17年には主演映画『きょうのキラ君』の公開が控えている。

  • 平祐奈as日代千鶴

    1998年11月12日生まれ、兵庫県出身。映画『奇跡』でデビュー。「JR SKISKI」のCMなどで大注目を浴びる。
    15年『案山子とラケット 〜亜季と珠子の夏休み〜』で、映画初主演。同年9月、「JKは雪女」(MBS)で、連続ドラマ初主演。
    16年は、『青空エール』、『ぼくが命をいただいた3日間』(第7回沖縄国際映画祭「TV DIRECTOR’S MOVIE」部門出品作品)などに出演。
    17年は、『キセキ ―あの日のソビト―』、『きょうのキラ君』、『サクラダリセット 全編/後編』、『忍びの国』、18年に『写真甲子園 THE MOVIE』に出演。

  • 高杉真宙as 大神和臣

    1996年生まれ、福岡県出身。09年、舞台『エブリ リトル シング‘09』で役者デビュー。10年には、『カルテット!』で映画初主演。TV特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」(12、13/EX)の龍玄役で二面性のある複雑な役どころを演じ、演技力の高さで注目を集める。主演映画『ぼんとリンちゃん』(14)で、第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。15年、「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン」(THK)で連続ドラマ初主演。 17年は、『想影』(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016)、『逆光の頃』と2本の主演映画、出演作に『PとJK』が公開待機中。

  • 池田エライザ as 狩生玲奈
  • 1996年生まれ、福岡県出身。2009年ファッション雑誌「二コラ」の第13回二コラモデルオーディションでグランプリを獲得。現在、ファッション誌「CanCam」の専属モデル。 主な出演作に、映画『高校デビュー』(11)、主演ドラマ「SHIBUYA零丁目」(CX/16)など。演技派若手女優としても注目を集めている。17年は、映画『トリガール!』が公開予定。

  • 岡崎紗絵 as 小野屋杏
  • 1995年生まれ、愛知県出身。2012年8月に開催された雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」に選ばれ、同誌専属モデルになる。同誌のモデルを卒業後、15年映画『脳漿炸裂ガール』に出演し、女優デビューを果たす。 16年、「Ray」5月号から同誌専属モデルとなる。主な出演作に、「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(15/KTV) 、「仰げば尊し」(16/TBS)、「嫌われる勇気」(17/CX)などがある。

  • 千葉雄大 as 夜明了

    1989年生まれ、宮城県出身。TVドラマ「天装戦隊ゴセイジャー」(10、11/EX)の主演に抜擢され俳優デビュー。 主な映画出演作に、『幕末高校生』、『アオハライド』(14)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』、『モヒカン故郷に帰る』、『殿、利息でござる!』(16)など。今後は主演ドラマ「ファイナルファンタジー XIV 光のお父さん」(17/MBS)、17年公開待機作に、『暗黒女子』、『帝一の國』、『兄に愛されすぎて困ってます』などがある。

  • 市川実日子 as 佐伯みちる

    98年にホンマタカシ監督の短編映画『How to 柔術』で女優としてデビュー。03年に初の主演映画『blue』で第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。近年の主な出演映画は、『マザーウォーター』(10 )、『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』(10)、『東京オアシス』(11)、『レンタネコ』(12)、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』(13)、『ぼくたちの家族』(14)、『人生の約束』、『シン・ゴジラ』、『ミュージアム』(16)などがある。

  • 夏菜 as 天津心

    1989年生まれ、埼玉県出身。06年TVドラマ「ガチバカ!」(TBS)に生徒役でレギュラー出演し、女優デビュー。その後、NHK連続テレビ小説「純と愛」(12)のヒロインを経て主演映画『田沼旅館の奇跡』(15)ほか多くの映画やドラマ、CMへ出演。現在、TV・NHKBSプレミアム「TheCovers」レギュラーMCをつとめる。17年は、映画『咲-Saki-』、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』に出演。

  • 水崎綾女 as 佐伯遥香

    1989年生まれ、兵庫県出身。04年、「第29回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でヤングサンデー賞(ベストグラビア賞)を受賞しデビュー。主な出演作は、TVドラマ「キューティーハニー THE LIVE」(07/TX)、「特命戦隊ゴーバスターズ」(12/EX)、映画『ハニー・フラッパーズ』(14)、『KIRI–「職業・殺し屋。」–外伝』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(15)、『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』(16)など。公開待機作に、ヒロインとして出演の『光』(17)がある。

1972年10月22日生まれ、東京都出身。高校生の頃より8ミリ映画を撮り始める。
『home sweet movie』が97年度PFFにて入選(脚本賞)。98年、『怯える』がクレル
モンフェラン短編映画祭に招待される。黒沢清監督、瀬々敬久監督の監督助手を経て、
『超極道』(01)で脚本家デビュー、『ロスト★マイウェイ』(04)で長編映画デビュー。主な作品に『オトシモノ』(06)、『アナザー Another』『今日、恋をはじめます』(12)、『ルームメイト』(13)、『クローバー』(14)、WOWOWドラマ「メガバンク最終決戦」(16)、「朝が来る」(16/ THK・CX)など。

栃木県出身。日本テレビシナリオ登龍門入選後、脚本家デビュー。主な作品に、テレビドラマ「東京DOGS」(09/CX)、「マルモのおきて」(11/CX)、「闇の伴走者」(15/WOWOW)、「残念な夫。」(15/CX)、「ワカコ酒season2」(16/TX)、「ドクターY 〜外科医・加地秀樹〜」(16/EX)、「カインとアベル」(16/CX)など。

1977年生まれ、東京都出身。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。映画・TVの劇伴音楽・CM音楽等幅広く活躍する。降旗康男監督『あなたへ』(12)で、第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。主な作品は、古澤健監督『オトシモノ』(06)、田中誠監督『うた魂♪』(08)、伊藤匡史監督『カラスの親指』(12)、内村光良監督、『金メダル男』(16)、谷口正晃演出「愛を乞う人」(17/YTV)、 黒沢清監督『散歩する侵略者』、安里麻里監督『氷菓』(17)。

1979年生まれ、群馬県出身。撮影・斉藤幸一氏に師事。主な作品に土井裕泰監督作品『映画 ビリギャル』(15)、廣木隆一監督作品『オオカミ少女と黒王子』、『夏美のホタル』(16)、河合勇人監督作品『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17)などがある。

唐十郎監督『任侠外伝 玄界灘』(76)に美術助手として参加。加藤盟監督『オバケちゃん』(87)で美術監督デビュー。『のぼうの城』(12)で、第36回日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞。北野武監督作品『アウトレイジ』シリーズ(10、12)、『想いのこし』(14)、『龍三と七人の子分たち』(15)、『四月は君の嘘』(16)など多数手掛けている。

1971年生まれ、静岡県出身。『一枚のハガキ』(11)で照明デビュー。『わが母の記』(12)で、第36回日本アカデミー賞優秀照明賞を受賞。 近年の主な作品は、黒沢清監督作品WOWOW連続ドラマW「贖罪」、『私の叔父さん』(12)、『もらとりあむタマ子』(13)、『岸辺の旅』(15)『クリーピー 偽りの隣人』、『オケ老人!』(16)がある。

1964年生まれ、東京都出身。『半落ち』(04)で第28回日本アカデミー賞優秀録音賞受賞。以降、森田芳光監督作品『間宮兄弟』(06)、『サウスバウンド』(07)、『僕達急行 A列車で行こう』(12)、中村義洋監督作品『アヒルと鴨のコインロッカー』(07)、『フィッシュストーリー』(09)のほか、『グラスホッパー』(15)、『の・ようなもの のようなもの』(16)などに参加。古澤健監督作品では、『ルームメイト』(13)を担当。

1977年生まれ、大阪府出身。『蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜』(07)、『まぼろしの邪馬台国』、『ぐるりのこと。』(08)などの作品に編集助手として参加。『青春☆金属バット』(06)で編集技師デビュー。その後、『LOVE まさお君が行く!』(12)、連続ドラマ「家族狩り」(14/TBS)、「コウノドリ」(15/TBS)、配信ドラマ「福家堂本舗〜KYOTO LOVE STORY〜」(16)など多数手掛ける。古澤健監督作品は、『今日、恋をはじめます』(12)、『ルームメイト』(13)を担当。

等身大の気持ちを歌に乗せて奏でる、優しく前向きなメロディーが、同世代を中心に共感を呼び、急速に人気上昇中の井上苑子。『ReLIFE リライフ』が描く、懸命で、ひたむきで、ピュアな物語と、青春の1ページを真っ直ぐに切り取ったような、誰もが共感できる歌詞と重なりあい、生き生きと、瑞々しい楽曲が彩を添えます。

井上苑子コメント

『ReLIFE』の主題歌を書き下ろして欲しいというお話を聞いたときは、純粋に嬉しかったです!!なぜなら私は原作を読んでいるので…!!本当にすごくハマっていて、「comico」の最新話が更新されるたびに読んでいるほど、大好きなのです!純粋で綺麗な恋や友情を見ていると、キュンキュンしてしまいますし、海崎さんと日代さんの恋を全力で応援しています。そんな大好きな『ReLIFE』の、記念すべき映画版の主題歌ということなので、登場人物の繊細な気持ちの変化や、恋するもどかしい気持ちを爽やかに、曲でも描けたらなと思います。素敵な映像に負けないように、精一杯良い曲を書きますのでよろしくお願いします!!

Profile

11歳から大阪の心斎橋でアコースティックギターを持って路上ライブを始める。中学校を卒業すると同時に、手売りCDを1万枚売って上京。その後本格的にツイキャス(中高生に人気の動画配信サービス)を始め、現在総視聴者数が200万人に。2015年7月にリリースしたメジャーデビューミニアルバム「#17」のリード曲「大切な君へ」がYouTubeで800万再生を超え、女子中高生の間で話題になり、現在までSNSを中心に
楽曲が4500万回以上再生される。2017年第1弾シングルとして主題歌「メッセージ」を4月12日にリリース、今注目の10代のシンガーソングライター。

エンディングは、2005年にリリースされ大ヒットとなったケツメイシの14枚目のシングル「さくら」のカバー曲。中川大志が、海崎新太としてラップに挑戦。

2005年にリリースされた誰もが知るケツメイシの大ヒットソング「さくら」。本映画の主人公の海崎(27歳)が中高生の青春時代に聴いていたであろう曲という目線で、10年前位の名曲を探していたところ、「さくら」に出会いました。楽曲の中で歌われる歌詞の世界観は、まさに作品にぴったり。この曲しかない!と運命的なものを感じ、カバーのオファーをしました。映画を見終わり、エンディングでこのメロディーが流れたとき、切ない涙を流せる、そんな作品になればと思っております。
(プロデューサー/浅野由香)

WEBで漫画と小説を読むことができるアプリ「comico」のサービス開始と同時に連載が始まった漫画「ReLIFE」。2014年8月には「comico」初となる単行本の第1巻が発売され、その評判が映画業界にも届いていた。カルチュア・エンタテインメントの映画第一弾にふさわしい企画を探していた浅野由香エグゼクティブプロデューサーもその評判を耳にし、同年の秋に単行本を手に取った。「27歳の主人公が、見た目だけ17歳に戻り、成長する。タイムリープではなく現在時制で、17歳と27歳という二つの世代がきちんと交わってお話が進んでいく。ありそうでなかった設定と時代感、そして大人が読んでも楽しめるストーリーが面白いと思いました」と、すぐに「comico」に電話をする。すでにテレビ局や大手映画会社からオファーが殺到している状態だったが、熱意を伝え、見事に映画化権を勝ち取った。そして、『今日、恋をはじめます』の古澤健が監督に決定し、脚本開発がスタートした。

C&Iエンタテインメントの八尾香澄プロデューサーが、古澤健監督から「ヒントになるかもしれない」と言われたのはハリウッドのロマンティック・コメディ。八尾Pはシナリオ作りにあたり、「ジェネレーションギャップが生み出す笑いや、カラッとしたテンションとポップな雰囲気を意識しました」と言う。脚本開発においては、映画オリジナルのラストをどうするかがもっとも大きな課題だった。原作が連載中のため、原作者の夜宵草から「映画は映画でオリジナルのラストにして欲しい」という希望があったのだ。脚本打合せを何度も重ね、17歳の高校生と接することで成長した海崎がどうなるのか、映画オリジナルのラストをあみ出した。脚本を読んだ夜宵草からは「新たな『ReLIFE』が動いているようで、最後、涙が出そうになりました」というメッセージが届いたという。

27歳の海崎と、17歳の海崎。どちらに俳優の実年齢を近づけてキャスティングするべきかを考えて、やはりシーンの多い17歳に寄せることが決定した。八尾Pは、「こういう役は、20代の役者にやってもらうのが王道だと思うんですが、高い演技力と、時折見せる大人っぽさをもっている中川大志さんなら、27歳の役ができると確信し、オファーしました」と起用の理由を語る。とはいえ、本当に27歳に見えるのか? という拭いきれない不安を解消するために、2016年5月頃、中川にメイクテストを行った。中川も「老け顔なので実年齢よりも上の役をいただくことが多かったのですが、さすがに10歳上は初めてです」と不安な心境を打ち明けていた。しかし、彫りを深くし、付け髭を装着してメイク室から出てきた中川はすっかり大人の顔になっていた。「髭があるとだいぶ気分が変わりますね」と安心した様子の中川に、スタッフも「いける!」と大きな手応えを感じたという。クランクインは、27歳の海崎が自宅のアパートで友人からの電話に出るシーン。ボサボサの髪の毛に、無精髭、ルーズなスウェット姿の中川は、見事にキラキラを封印して27歳のニートになりきっている。待ち時間には一人で台本を開き、緊張した表情で役に向き合っているようだ。お腹やお尻まわりに詰め物を入れてビジネススーツを着た中川は、オフィスでリアル社員に混ざっても違和感ゼロで、とても高校生には見えなかったという。クランクインから3日間で大人パートを撮ったことで、中川は17歳に若返る気分や社会人時代を思い出す感覚に自然になれたという。大人パートの撮影を終えた中川は、高校生に戻るため散髪を行った。また、本作で中川とは3本目の仕事となる八尾Pは「主役としての風格がありますし、座長として周りを引っ張っています」と中川の変化を語る。

中川が海崎に決まったことで、W主演となる日代探しが始まった。原作キャラクターの大きな特徴である、黒いロングヘアが似合う女優を探したところ、「まっすぐできれいな目が決め手」(浅野P)となり、2017年ブレイク候補筆頭の平祐奈に白羽の矢が立てられる。重度のコミュニケーション音痴の日代は、根っから明るく社交性の高い平とは真逆の性格。平は自分とかけ離れた日代になるために、役作りノートをつくって研究し、現場で迷ったときは常に脚本に立ち返っていた。ビジュアル面では前髪をカットし、チャームポイントの眉毛を封印した。高杉真宙は「優等生もヤンキーもできる幅のある役者さん。オーガを可愛らしく演じてもらいたくて」(八尾P)オファー。池田エライザは、以前TSUTAYAのCMを見た浅野Pが一目惚れ。監督も交えて面談したところ、パブリックイメージは明るいけれどそれだけではない面をもっている彼女に、努力家の狩生を演じて欲しいと即決した。人気モデルの岡崎紗絵も監督と面談の上、その豊かな感情表現に将来性を感じ、小野屋役に抜擢。そして、夜明了のキャスティングについては、海崎とは逆の発想をして27歳で17歳を演じられる俳優を探した。ミステリアスな雰囲気があり、海崎とストーリーの流れを操る重要なこの役の候補として、真っ先に名前が挙がった千葉雄大が決定した。千葉と中川は「水球ヤンキース」で共演して以来、兄弟のような仲良し同士。現場では2人を中心に、常に笑い声が巻き起こっていた。さらに、海崎のトラウマに深く関わるキーパーソン佐伯みちる役には、日本映画に欠かせない女優・市川実日子が決定。短い登場シーンながらも、圧倒的な存在感で、物語に重みを持たせている。

制作チームは「青春感」を大切に、夏祭りや学園祭、卒業式など、たくさんのイベントをストーリーのなかに盛り込んだ。「この青春感は、どの世代がみても楽しめるもの。未経験の世代は憧れるし、大人は懐かしく感じると思うんです」と八尾P。なかでも卒業前の日帰り旅行のフィナーレを飾る、6人で並んで夕陽を眺めるシーンは、「二度とない今という時を大切に精一杯生きる」という作品のメッセージを象徴する名シーン。八尾Pは、「コミックの第2巻にある、夕陽を眺める6人のバックショットを見たかったんです」と、原作への思いをこめて映画的表現に挑戦した。浅野Pが「海崎が夜明と出会うシーンの“何かが始まる感”から、海崎が『ありがとうございました』と頭を下げるシーンで締めくくられる。リライフの終わりをしみじみと感じるシーンは、大人にこそ響くと思います」と言うように、『ReLIFE』のメッセージがさらに広い世代に届くことを期待する。とはいえやはり、「今を大切に生きよう」という普遍的なメッセージは、若い世代に届いてほしいと言うのは八尾P。「『今を大切に生きよう』とまっすぐに投げるので、真正面から受け止めてもらえたら嬉しいです」。