初日舞台挨拶レポート

2017.04.15

イベントレポート

『ReLIFE リライフ』本日4/15(土)より公開!!
公開を記念して、中川さん、平さん、千葉さん、高杉さん、池田さん、岡崎さん、古澤監督と、フルキャストが登壇する初日舞台挨拶イベントを行いました。
その模様をレポートします。

5939859062149

満席に埋め尽くされた会場にキャスト6人が登壇。
そして、平さんが急に中川さんに向けて「す、すみません…そこ、私の立ち位置ですけど…」とコメント。「あ、あ、初日で緊張しちゃって…」と位置替えをするハプニング?!劇中、中川さん演じる若返りした高校生の海崎が、初登校し、間違って平さん演じる日代の席に座っていたあの名シーンを再現したのだろう、会場に大きな笑いが起こり、あたたかい雰囲気で舞台挨拶が始まりました。

初日を祝してSNSで募集した数々の質問から選ばれた<本作では心に響くメッセージがたくさん出てくるが、映画のセリフの中で一番自分に響いた言葉とは?>という質問に対して、中川さんは池田エライザさん演じる狩生との保健室のシーン《頑張ることを諦めるな》というセリフをあげ、「狩生に向けて言っているけど、僕自身に言っているような気持ちがして刺さりました」と回答。それに「あの時の現場、とても良かったですね、すごく、かっこよかったです。濃く残ってます(笑)」と撮影現場を思い浮かべ微笑む池田さん。
平さんは、後半、海崎と二人きりになったバス停のシーンで《みんなと出会えてよかった》というセリフを選び、「実際撮影も後半で、私自身もキャストのみなさんと出会えてよかったなと思ったので、心に響きました」とうるうるした表情で答えました。
大神役の高杉さんは「みんな、すごく(撮影現場で)キラキラしていて、なんだか浄化している気持ちになった(笑)」と懐かしむ気持ちを伝え、劇中では海崎が夜明に言っていた《みんなと一緒に大人になりたかったな》というセリフを選び、「(その姿をみていて)泣きたくなった。」と照れながら回答。
夜明役の千葉さんは「海崎がずっと言っていた《今を大切に》」をあげながら、国宝級イケメン中川さんを褒め、池田さんは「最初、台本をいただいた時ですが、保健室で《頑張っても頑張っても結果がないと意味がない》というセリフをみて大事な言葉だな、と印象に残ってます」と誰でも共感できるセリフへの気持ちを伝えた。
岡崎さんは最後の卒業シーンをあげ「海崎が《お前ら、本当に最高だった》というシーンでジーンときました。最後という寂しい気持ちが芽生えてあったかいシーンになっているし、泣きました」と答え、古澤監督は「個人的には、みなさんが言っていた感動とはちょっと違いますが、食堂で海崎と夜明のシーンで《このドS》と千葉くんが舌をぺろっとした場面で萌えました(笑/会場にきゃ〜という歓声が!)自分の魅力、わかっているのかな?と思いました(笑)」というとまわりのキャストからは「千葉テクニック!」と千葉さんをいじりながら、微笑ましい光景が。

5939859205968

続いて<もし、誰かと入れ替わるなら、どの役になりたいか?>という質問には、”夜明役”が終始客観的にみている立場ということで、中川さん、高杉さん、岡崎さんが挙手!平さんは「海崎。私が演じた日代とは対照的な人で、明るく世話好きで、みんなを引っ張っていく役だったので、そういう役やってみたいです」と憧れの気持ちを伝え、池田さんは「役とは離れているけど、監督になりたい(笑)みんなが成長していく様を撮ることは、楽しそう」と告白。古澤監督は「一緒に現場ではしゃいでいた甲斐がありますね」とにこり。千葉さんは「高校時代、おとなしい感じでいたので、大神みたいに、弾けて人が付いてくる感じの役をやってみたいです」と答え、その姿をみていた高杉さんが照れると、キャストのいじりコメントで会場はヒートアップ!

5939859273789

日代が秘密を抱えているキャラクターということから、<キャストから「今だから言える秘密」とは?>という質問には、千葉さんから「山の上での撮影でしたが、トイレをすごく我慢していたシーンがありました。車を降りないという状況だったので…(笑)僕と海崎のシーンでしたが、すごく我慢しているのに(中川が)お腹を押してきましたね…」という衝撃な裏話が!それに対し「戦っていた千葉さんが面白くてつい…」と満面の笑顔で答える姿が。
また、平さんから「内緒ですが、中川くんは、歯磨きに10分かかるらしいです!」とぽろっと告白。中川さんからは「歯を磨くことで1日が始まるし、集中力も高まるので…」と照れながら話すと「だからか、中川くんの歯、キレイですよね!」とフォローする姿も。また、池田さんからは「高杉くんとはふたりとも人見知りで、共演作が続いたのに前の現場でも本当に喋れなくて…」と二人の関係を明らかし「でも、リライフでは話かける勇気を出して、無事、仲良くやっていた…はず?」と高杉さんにふると「そうです」と照れながら頷いた。そして、岡崎さんからは、「後半、修学旅行で丘からみんなで走るシーンがありましたが、ちょっとだけ千葉さんを叩いたつもりが、スクリーンで改めてみると、(千葉さんが)端から端まで飛んでいました…すみません!」と回答。それに対し「カットせずにそのまま映し出してましたね(笑)」と監督の顔をちょろっとみる姿が。

そして、イベントはクライマックスに!「中身が27歳のニートで、見た目は17歳の高校生」という難しい役どころを見事に演じきった主演の中川さんに、キャスト、スタッフを代表して監督よりサプライズでメッセージが!!台本があがって27歳のニート姿を一緒に研究していた現場のお話や、ほかのキャストと監督がどういう付き合いをしていくか、関係を縮めるためのキーパーソンであったこと、そして、高杉さんと一緒だった最後のクランクアップ現場を振り返り「中川くん、ありがとう!また、いつか、映画作ろうな!大志!」と感謝の言葉を投げかけた。その姿を大きな深呼吸を何度もしながら「監督はこういうキャラではないので…なんか、恥ずかしいです…(笑)」と、涙を我慢し、うるうるとした中川さん。

5939859307701

最後は、キャストの「リライフ!」という掛け声に会場の観客が「最高!」と叫び、感動の渦につつまれた会場には拍手が起こり、大盛り上がりのイベントは終了となりました。
映画「ReLIFE リライフ」は絶賛公開中!ぜひご覧ください!

5939859143642

新生活応援!始業式特別イベントレポート

2017.04.08

イベントレポート

この度は、17歳になって高校生活をやり直すリライフプログラムに参加する27歳の主人公の海崎新太役の主演・中川大志さんと岡崎紗絵さんが淑徳巣鴨中学高等学校をサプライズ訪問!始業式という特別な日に、今年の春、高校を卒業したばかりの中川さんと、高校生の頃には既にモデルとして活躍をしていた岡崎さんより、新たに学校生活をスタートさせる高校生たちにお悩み相談、そして、中川から特別な”ご褒美”のエールとは…!

_98R6395

4月15日(土)公開に先駆け、映画「ReLIFE リライフ」の公開直前イベントが都内の淑徳巣鴨中学高等学校にて行われた。1200名の学生さんがそわそわドキドキと待っている会場に「ReLIFE リライフ」の予告映像が映り出した途端、大きな歓声と悲鳴が鳴り響き一気に会場がヒートアップ!

学生たちが両サイドに座っている真ん中の通路より、手を振りながら中川大志さんと岡崎紗絵さんが登場。
中川さんは、気合がたっぷり入った元気な声で「1年生、入学おめでとうございます!2、3年生、新学期おめでとうございます!」と挨拶。
岡崎さんも「みなさん、キラキラ輝いてて驚きを隠せなかったです。新学期おめでとうございます!」と驚きの気持ちを伝えました。
始業式のサプライズイベントということで、学生たちも声を大きくあげながら、笑顔が絶えない会場。

_98R6400

続いて、新学期を迎えた会場の学生より悩み相談が開始。
明日試合があるサッカー部の学生さんより、緊張症で、緊張をほぐす方法について聞かれると「僕も人前で仕事をしているのでよく緊張しますが…緊張をほぐすために歯を磨きます。」と中川さんのシュールな答えに会場は”へえぇ〜”という声が。
「歯を磨くと精神的に落ち着くというか…参考になりませんね(笑)」と答え、ルーティンを作ることで緊張をほぐすような秘訣を伝授。
次に本日で高校3年生になった学生より、今のうちにやった方がいいこと、やらないと後悔することについて聞かれると「卒業してもはや3年経ちますが…学生時代部活などをやっていなくて、何か学生時代に没頭できるものがあるとこの先きっと役に立つので!」というアドバイスを投げかけた岡崎さん。中川さんは「本作も高校最後の1年を描かれているのですし、ちょうど今春に僕も高校を卒業したばかりですが、制服を着れなくなるのが本当に寂しかったです。まだ、部屋の目立つところに制服を飾っていますが、制服を着た姿を写真でいっぱい撮ったり、遊びに行ったりで思い出を作ってほしいです。」と心に響くアドバイスで会場の学生たちも頷きました。

_98R6441 _98R6476

そして、イベント会場の盛り上がりがクライマックスに!本作で見る人の心揺さぶるドキドキ胸キュンシーン、「友達がほしい」と素直な気持ちを告白する日代(平祐奈)に海崎(中川大志)が「よくできました」と優しい言葉を投げかけながら頭をぽんぽんするシーンを再現?!
キャストの質問に答えたいと挙手をしている学生たちの中で選ばれた男女ふたりの学生が舞台に登壇し、夢について、学生時代に没頭していることについての話がされたあと、中川さんからの”ご褒美”が!
男子学生に対しては「ちょっと想像していたのと違いますが…(笑)」と照れながらも中川の「けんとくん、よくできました」と声かけながら頭ぽんぽんされると「めっちゃ嬉しかったです!」と照れながらも笑顔いっぱいの男子学生。続いて女子学生にも「なおちゃん、よくできました」と甘い声と頭ぽんぽんがなされると会場に「きゃ~~~~!」という今まで一番大きな悲鳴と歓声が巻き起された。

_98R6584

_98R6597

最後に、岡崎さんは「みなさんに元気なエネルギーをもらいました!ありがとうございます。映画を通して私達もエネルギーをお届けしたい」とコメント。また、中川さんは「突然のサプライズにも関わらず、楽しんでもらえたようで嬉しかったです。本作は、27歳に社会で挫折した海崎が17歳に戻り、もう一度学生生活を過ごす話で、今過ごす時間の大切さや、新生活で不安もあるけど、絶対に前向きになれる、皆さんの背中を教えてくれる作品です。絶対全員でみにきてくださいね!」とコメント。会場には拍手が起こり、大盛り上がりのイベントは終了となりました!

_98R6626

_98R6633

中川大志、平祐奈が女子高生100人と大合唱!シンデレラフェスイベントレポート

2017.04.05

イベントレポート

この度、本作に主演する中川大志さんと平祐奈さん、そして主題歌とエンディングテーマを手掛ける井上苑子さんが、日本最大級の女子高生イベント「シンデレラフェスvol.4」に登場!

S__001

映画『ReLIFE リライフ』公開記念スペシャルコラボステージにて、出会いと別れの季節にぴったりな本作エンディングテーマの「さくら」を中川さん・平さん・井上さんと、女子高生100人と共に大合唱!!
さらに、映画の役どころ海崎新太として「さくら」でラップを担当している中川さんが、観客の前で初生披露!
その模様をレポートします。

日本最大級の女子高生イベント「シンデレラフェスvol.4」で、映画『ReLIFE リライフ』公開記念(4/15・土)スペシャルコラボステージが実施されました。
会場では制服姿の女子高生たちが待ち構える中、一般応募から当選した女子高生総勢100名がそわそわと緊張気味の表情で舞台にスタンバイ。そして、本作の主演・中川大志さんと平祐奈さん、主題歌とエンディングテーマを手掛ける井上苑子さんが登場すると会場が「きゃー!」という歓声とともに一気にヒートアップ!!

S__002

大盛り上がりの会場の中、中川さんは「みなさん、盛り上がってますか?最高です!」と元気一杯に挨拶。
キラキラな目で中川にベタ惚れのMCはるな愛さんから本作の見所について聞かれると「27歳の海崎が若返り、もう一度17歳の高校生に戻る設定なので、27歳の僕、17歳の僕、どちらも見られるところです。」と語り、平さんは「世代問わず、男女問わず、いろんな視点で楽しめる作品です!」と作品の魅力を語りました。
映画の役どころ海崎新太として特別コラボステージを目前にした中川さんは「中川大志はこの辺で失礼いたします。みんな、ここで待ってて!親友の海崎とみんなのろう!」とコメントを残し、井上さんは「歌で本作にキラキラをプラスしていきたい!」と熱い意気込みをコメントした後、本作のために書き下ろした「メッセージ」を披露。

そして、出会いと別れの季節にぴったりな本作のエンディングテーマ曲「さくら」のステージがスタート!
制服姿に着替えて”海崎”に変身した中川大志さん、そして平さんが舞台に再登場!観客の前で初生披露する舞台にも関わらず、井上さんと寄り添いながら、支えながら、見事にラップを披露!その舞台を、曲にあわせてピンク色のペンライトを振り、ステージを見守る女子高生たちで会場はまるで桜の花が咲くような大盛り上がり!

特別コラボステージを終えた中川さんは「最高に楽しかったです!みなさんが楽しそうに歌ってくださってたんで、それが何より嬉しかったです!」と興奮気味でコメント。平さんも「二人の歌に圧倒されて本当に楽しかったです。」と語った。

S__003

最後は、会場に集まった女子高生のみなさんに「最高の思い出になりました。今日このメンバーでこのような舞台は一生大切にしていきたい。そして、本作のテーマでもある”今を大切に”を心に、とにかく全力で遊びも勉強も楽しんでほしい。春からこの思い出を胸に置いて頑張りたいです。」と中川さんがコメント。
平さんは「今、歌ってくれた海崎の熱い言葉がたくさん詰まっている映画ReLIFE リライフ、みなさんの力が必要な作品です!」と語りつつ、「毎日、何事もポジティブに、楽しい日々を過ごしてほしい」と会場に集まった女子高生たちへ応援メッセージを投げかけ、熱い歓声が飛び散り、大盛り上がりのイベントになりました。

S__004

井上苑子さんがSHIBUYA109で映画「ReLIFEリライフ」主題歌『メッセージ』を披露!! シークレットゲストで主演・中川大志さんが応援出演!!

2017.03.29

イベントレポート

本日3月29日(水)SHIBUYA109エントランスにて、井上苑子さんが本作の主題歌「メッセージ」を披露するイベントを行いました!
さらにシークレットゲストで主演の中川大志さんも応援出演。その模様をレポートします。

0329井上苑子小

井上さんは、「小学校6年の時、渋谷駅のモヤイ像のところでライブをやった時は、誰も立ち止まってくれなくて、2時間やって、やっとひとり立ち止まってくれただけでした。ここでライブが出来るなんて思わなかったです。こうしてみなさんの前で歌う事が出来てうれしいです!」と渋谷の象徴、SHIBUYA109での念願のライブの実現に感激のコメントを述べました。

そしてイベント後半には、本作の主演・中川大志さんがシークレットゲストとして登場!
春休み真っ盛りのSHIBUYA109にショッピングに訪れた同世代女子たちは、今、最も輝くフレッシュなふたりを偶然にも目撃し大感激!
昨日、幕張メッセで行われたイベント“超十代”が初対面のふたり。
それぞれの印象として、中川さんは「曲を聴いていたので“初めまして”という感じがありませんでした。」、井上さんは「俳優の方とお会いする機会はないので、とても緊張しました。」と、語りました。

0329中川大志小

映画「ReLIFE リライフ」は、中川大志さん演じる、27歳の主人公・海崎新太が1年限定で17歳に戻り二度目の学園生活を送るという青春ラブストーリー。映画とは逆に、現在、10代のふたりに、“10年後の自分はどうなっていたいか”という質問をすると、井上さんは「仕事も、プライベートも充実しているようになりたいです。」、中川さんは「俳優としてダンディなひげが似合う大人になりたいです。」と、それぞれ未来を想像してコメントしました。

また、同映画のエンディングテーマとして企画され、中川さんが初のラップに挑戦した事が大きな話題となった、井上さんと中川さんのコラボ曲「さくら」(井上苑子と海崎新太)について、「役者としてはじめて歌いました。歌は好きでこんな形でやらせてもらえるなんて思ってもいませんでした。映画のエンドロールで流れてきて聴いた時は、恥ずかしかったです。でもやるだけやったので自分としては80点です。」という中川さんのコメントに対して、井上さんは「いや!100点です!!」と中川さんのラップを大絶賛。

0329中川井上2SHOT小

4月15日の映画公開に先駆けて、本日より主題歌「メッセージ」の先行配信がスタート。また、主演のふたり(中川大志さん、平祐奈さん)が出演する「メッセージ」のミュージックビデオのフルバージョンも本日公開。そして、映画のエンディングテーマの井上苑子さんと中川大志さんのコラボ曲「さくら」(井上苑子と海崎新太)も絶賛配信中。

★本日より主要サイトにて先行配信スタート
映画「ReLIFE リライフ」主題歌『メッセージ』
映画「ReLIFE リライフ」エンディングテーマ「さくら」(井上苑子と海崎新太)
iTunes
http://po.st/Messageit
レコチョク
http://po.st/Messagere0329
LINE MUSIC
http://po.st/Messagelm0329

★「メッセージ」MUSIC VIDEO Full ver.
https://www.youtube.com/watch?v=_lbaswb4vIw

★リリース情報
4月15日公開 映画「ReLIFEリライフ」主題歌
井上苑子 New Single「メッセージ」4月12日発売

【CD収録曲】全4曲収録
1.「メッセージ」 映画「ReLIFEリライフ」主題歌
2.「どんなときも。」 Galaxy S7 edge「どんな君も、逃さない」CM ソング
3.「おはよう」 ロート製薬「メンソレータム®アクネス®」キャンペーンソング
ボーナストラック
4.「さくら」(井上苑子と海崎新太)  映画「ReLIFEリライフ」エンディングテーマ

【超十代】イベントレポート

2017.03.28

イベントレポート

<超十代『ReLIFE リライフ』イベント概要>
日時:3月28日(火)
登壇者:中川大志さん、平祐奈さん、千葉雄大さん、高杉真宙さん、池田エライザさん、岡崎紗絵さん
ステージ:教室ステージ、「ReLIFE」ステージ

★教室ステージのみ、LINELIVEにてアーカイブ配信中!
https://live.line.me/channels/21/broadcast/2001518

本作に出演している、中川大志さん、平祐奈さん、千葉雄大さん、高杉真宙さん、池田エライザさん、岡崎紗絵さんが「超十代」のイベントに出演!メインステージ、そして教室ステージにてイベントを実施いたしました!

まず最初は、教室ステージと呼ばれる黒板と机が並んだ教室のようなステージに6人が登場!
MCをタレントのJOYさん、椎木里佳さんが務め特別授業 〝映画『ReLIFE』〟を行いました。
いくつかの恋愛などに関する議題に沿って、「ありorなし」を客席の皆さんと決めていくというこのステージでは、恋愛に関するトークということで、客席も非常に盛り上がり、立ち見席は人で溢れ返るほど大盛況となりました。

HAM50640

★教室ステージ詳細レポート

JOYさん:皆さんお待たせしました!ここから、この教室のホームルームに参加する、特別生徒のみなさんに入っていただきます。映画『ReLIFE』のみなさんです。どうぞ~!!

中川さん:こんにちは!今日から転校してきた中川大志です、よろしくお願いいたします!

JOYさん:それでは、ホームルームを始めましょう!テーマに沿って、生徒のみなさんに「あり・なし」の札をあげていただき、みんなの意見を聞いていきたいと思います。まず最初のテーマは、映画『ReLIFE』のストーリーにちなんで……
もしもこの先、終わりがくるとわかっている恋愛だとしても、好きなら告白するのは……【あり】or【なし】?

<なし派>
池田さん:私はなしですね。終わりが見えちゃうのがとても寂しいなと思います。でもその期限が、1週間、1か月、1年とかだったら……告白するかもしれませんね。でも、そもそもチキンだから、なかなか告白できないかもしれないですが(笑)

高杉さん:僕も告白した瞬間、相手がいなくなっちゃうと思うと寂しいからなしですね。ここで自分の気持ちを伝えてもどうなるのって?思ってしまいました。

平さん:私も、終わりがみえるって寂しそうだから【なし】ですね。

<あり派>
中川さん:言わなかったら絶対後悔すると思うんです。逆に終わりが来ると思って告白しなかったら、もし仮に終わりが来なかった時に後悔するかも……とも思いますし。それに終わりが来るからこそ、いま告白しないと!と思いますね。

千葉さん:告白する時って、この関係がいつまでも続けばいいなと思って告白するわけじゃないですか。だけど、ずっと一緒にいるといつの間にか疎かにしてしまったりすることもあるかもしれないかもしれないけど、終わりが分かってしまうと、その分、濃密な時間を過ごせると思いますね。

岡崎さん:私は【あり】ですね。もしもお互いに両想いだったりしたら、もったいないですよね。もしいつか離れてしまうとしても、お互い気持ちが通じたら嬉しいと思います。なので、気持ちは伝えるべきだと思います。

JOYさん:さぁ、いろんな意見がありましたけど、代表して中川さん、いかがでしょうか?

中川さん:終わりが来ても来なくても、自分の気持ちを大事にした方がいいと思います!伝えたいことは伝えましょう。

JOYさん:では、続いてのテーマにいきます。映画では、〝27 歳の時に、こんなはずじゃなかった!〟〝27 歳の時の自分、思ってたのと違う!〟といった場面が出てきます。それにちなんで…

27歳になったとき、理想通りにはいってないはず!と思う人は【なし】
理想通りの27 歳になってるはず思う人は【あり】
みなさん、札をあげてみてください!

あり派が多いですね。ちなみに、この中で27 歳をオーバーしている千葉雄大さんどうですか?

<なし派>
千葉さん:僕はもう28になったんですが、この映画を撮影した時はまだ27歳でした。でも、まさか自分が27歳で制服を着るとも思ってなかったです。分からないものです(笑)。いっそ昔は、27歳の自分は、もうちょっと大人だと思ってましたし、何なら結婚して子供とかもいると思っていました。もう少し色気むんむんでいきたいんですけど(笑)。

中川さん:
あんまり明確に理想っていうのがなかったんですよね(笑)最初はスカウトされて軽い気持ちで入ってしまったので…でも今は野心はありますよ(笑)。

高杉さん:自分が思っている理想と違っていてほしい、という意味で【なし】ですね。いま自分の思っていること以上のことが、27歳の時にはできていたらいいなと思います。例えば、ひげの似合う大人になっていたいとかね(笑)。

平さん:27歳の理想はあるんですが、10年後変わってなかったらどうしようって思います。あんまり学習能力がないので(笑)。

中川さん:平さんは、中学生の頃から知ってるけど、変わらないですね(笑)。ずっとそのままでいてほしいです(笑)。

池田さん:私は【あり】です。私が今20歳なんですが、20歳で想像できる範囲内でおさまりたくないし、もっといろんな自分をみたい。どんどん理想を更新してきたいです。ポジティブな意味で、20歳の想像力じゃ、まだ足りないなと思うので、色々な経験をしたいですね。

岡崎さん:10年前に今の自分を想像できたかというと違いますね。私も高校生の頃にこの世界に入りましたが、その時その時の選択だから、どうなるか分からないですよね。

JOYさん:では最後に…キャストのみなさんから、映画『ReLIFE リライフ』の見どころを教えていただきましょう。平さん、『ReLIFE リライフ』はどんな作品になっていますか?

平さん:大志くん演じる海崎新太が27歳のニートから、1年限定で高校生をやりなおすという話でして、そこで出会う私たち仲間との絆や友情、恋模様も描かれています。

中川さん:社会に出て、つまづいてしまった主人公が、高校生をもう一度やることによって、忘れかけていたものを思い出して、そして人生をまたやり直す…というお話なので、学生の皆さんには、自分が社会に出ていった時の姿なども想像してもらえるような、そんな映画かなと思ってます。

★ReLIFEステージ詳細レポート

HAMA0089

続いては、メインステージにて行われた“ReLIFEステージ”にキャスト6人が登場!
ランウェイを颯爽と歩くキャスト6人に会場のボルテージはマックスに!会場は溢れんばかりの歓声が響き渡りました。ランウェイを歩いた感想を聞かれると、中川さんは「すごい!超十代ですね、みなさん!」と会場の盛り上がりを目の当たりにし、興奮気味に答えました。
また、ここで映画「リライフ」ティーンサポーターとして、アキラ100%さん、越智ゆらのさん、紗蘭さん、横田真悠さんの4人が登場し、カートに入ったReLIFEクッションをスペシャルサポーターと一緒に中川さん、平さん、千葉さん、高杉さん、池田さん、岡崎さんも客席に向かってクッションを投げると会場からは更に大きな歓声が響きわたりました。

MC:映画『ReLIFE リライフ』スペシャルステージ!ステージには4月15日公開の話題の映画『ReLIFE リライフ』ににご出演の、中川大志さん、平祐奈さん、高杉真宙さん、千葉雄大さん、池田エライザさん、岡崎紗絵さんにご登場いただきました!めちゃめちゃ盛り上がってましたね?!ウォーキングしてみていかがでしたか?

中川さん:すごい!超十代ですね、みなさん!

MC:さあ、この『ReLIFE リライフ』ですが、マンガアプリcomicoで人気NO.1のコミックの実写映画として今注目の作品だそうですか、どんな作品か紹介してもらえますか?

中川さん:僕が演じているのが、27歳の社会につまづいてしまったニートの海崎新太という役なんですが、その海崎がある日突然、17歳に若返って、高校生活を1年間だけやりなおして、人生を立て直していくというお話になっています。

MC:面白そうですね!ちなみに他の皆さんもそれぞれの役柄をも教えていただけますか?

平さん:私は、学年一の優等生で、でも人に興味がなくコミュニケーション音痴で不器用な女の子、日代千鶴という役をやらせていただきました。

高杉さん:僕は大神和臣という役を演じています。映画の中では、金髪にして出てるんですけど、チャラい男の子で、勉強ができるとう男の子です。羨ましいですね(笑)

千葉さん:僕は中川くん演じる海崎新太に「リライフしませんか?」というのをお誘いする夜明了というミステリアスな役です。

池田さん:わたしは狩生玲奈を演じています。バレー部に入っていて、人一倍頑張り屋さんで、負けず嫌いな女の子です。高杉くん演じる幼馴染の大神に思いを寄せているんですが、祐奈ちゃん演じる日代が学年一位をとって大神と一緒に学級委員になってしまい、日代にジェラシーを感じたり……という役です。

岡崎さん:
私は小野屋杏という役で、高杉くん演じる大神とすごく似ていて、盛り上げ役でわいわいしているんですが、一歩引いてみているようなお姉さん的なところもあるような女の子です。

MC:
今日はReLIFEのみなさんにご登場いただくということで、超十代としてもReLIFEをちゃんと応援したいということで、超十代『ReLIFE リライフ』ティーンサポーターを結成したので是非見ていただけますか?超十代『ReLIFE リライフ』ティーンサポーターに登場してもらいましょう!どうぞ!

HAMA0198

(ここで、アキラ100%さん、越智ゆらのさん、紗蘭さん、横田真悠さんが登場し、全員でスーパーのカートに入ったReLIFEクッションの投げ込みを行いました。)

MC:いや、ちょっとティーンと違う人が混ざってるじゃないですか?!しかも服着てるから全く誰か分からないし!(笑)

アキラ100%さん:いや、さっき楽屋で10歳若返る薬だって渡されてカプセル飲んだんですけど!

MC:いやいや、10歳若返ったところで、おっさんでしょ!(笑)

アキラ100%さん:ですよね(笑)ちょっと待っててください!

HAMA0283

(そでに行って服を脱ぎ、再度おぼんを持って登場し、ネタを披露。おぼんを裏返すとそこには花火の絵が)

映画のヒットを願って花火をあげました!大ヒット間違いなしです!

MC:じゃあ最後にメンセージをお願いします!代表して中川大志くんお願いします。

中川さん:今のが宣伝になってるのかどうか分からないですが(笑)、ありがとうございます。あきらさんは出てませんが、映画「ReLIFE リライフ」は、4月15日公開となります。青春がたくさんつまったキラキラした映画になってますので、是非みなさん、お友達や恋人と観に行って下さい!

HAMA0025

東京ガールズコレクションレポート

2017.03.26

イベントレポート

<イベント概要>
開催日:2017年3月25日(土)
場所:国立代々木競技場第一体育館
登壇者:中川大志さん、平祐奈さん

4/15(土)の公開に先駆けて、今週末より怒涛の「ReLIFE リライフ」イベントラッシュがはじまります!
その先駆けとして、3/25(土)東京ガールズコレクション(TGC)に主演の中川さん、平さんが出演しました!

IMG_1752

東京ガールズコレクション(TGC)は、2005年8月から年2回開催している史上最大級のファッションフェスタ。総勢約100名の日本を代表する人気モデルが出演し、日本のリアルクローズを披露するファッションショーをはじめ、豪華アーティストによる音楽ライブや、旬なゲストが多数登場するスペシャルステージ、話題のアイテムがタッチアンドトライできるブースなど、バラエティに富んだ多彩なコンテンツを展開しています。

そんなTGCで、ReLIFE×WEGOとのタイアップが3/24(金)から発売!
コラボステージが実現しました。
最初に登場したのは「WEGO」ブランドステージ。ファッションウォーキングが初となる中川さん、平さん。平さんは子供の頃に18歳になったら東京ガールズコレクションに出演するのが夢だったそう!
WEGOブランドステージで、最後に二人が登場し、ランウェイを歩きました。

IMG_1756

続々とWEGOブランドのモデルたちが続く中、最後に中川さん、平さんが登場。その瞬間、会場からは割れんばかりの歓声が!中川さんはブラックの柔らかい素材のシャツをラフに着こなし、スマートな印象。平さんは春らしいピンク色のブルゾンに、網タイツがチラ見えするダメージデニム。目元のラメがPOPでキュートでした。
ランウェイを2人並んで歩き、トップや途中で立ち止まり決めポーズ。観客に手を振りながら、途中止まりもう一度ポーズ。お客さんに目線を合わせたり、手を振って退場。

IMG_1755

続いての登場は「ReLIFE ステージ」!
MCは小薮千豊さん、森さん。
WEGOステージでの、初のファッションウォーキングの感想をききました。

中川さん:緊張してたんですけど、名前のボードとかありまして、初めてでしたが楽しめました。

平さん:私もファッションステージ初めてだったので、すごい緊張したんですけど、みなさんのパワーにすごく勇気をもらって、楽しんじゃってあっという間でした!

お二人が出演している映画「ReLIFE」どんな映画なんでしょうか。
中川さん:僕が演じる、社会につまづいた27歳ニートの海崎新太が、1年間限定で17歳の姿に若返って人生をやり直す、という映画になっています。

小薮さん: 面白い設定ですよね、よく言うよね「もっかい1年だけ学生戻れたら・・・」それがそのまま映画なんだね

平さんに映画の見どころをききました。
平さん:海崎新太が高校生に戻ってきて、私はクラスメートの日代千鶴という役なんですけど、すごい不器用でコミュニケーション音痴で、人に興味がないんです。
海崎新太によって、背中を押されて一歩踏み出したり、すごい熱いメッセージをたくさん劇中に残してくれてるので、心暖まる話になってるなあと(思います)。

小薮さん: 大人目線でも、高校生目線でも楽しめますね。

最後のメッセージ
中川さん:映画「ReLIFE リライフ」が4月15日から公開されます。本当に色んな世代の方が、色んな楽しみ方をしてくれる映画になってますので、ぜひ劇場でご覧下さい。今日はありがとうございました!

平さん:今日はみなさんにお会いできて嬉しいです。映画「ReLIFE リライフ」よろしくお願いいたします。(池田)エライザちゃんと岡崎紗絵ちゃんも、リライフに共演をしてるので、期待大だと思います!
MC:TGCにも、池田エライザさんと、岡崎紗絵さんもでてましたもんね。

IMG_1753

お二人とも笑顔で手を降りながら退場。あっという間のランウェイ体験でした!

3/8(水)プレミア完成披露試写会イベント レポート

2017.03.10

イベントレポート

この度、中川さん、平さん、千葉さん、池田さん、岡崎さん、古澤監督が登壇するプレミア完成披露イベントを実施いたしました!劇中、卒業を控えた高校3年生役を演じた主演の2人はなんと、今年リアルに高校を卒業したばかり!
そんなお2人に、監督、キャスト陣からサプライズで特注の卒業証書型ケーキをプレゼント。男性陣から中川さんへ、女性陣からは平さんへ、食べさせていただきました。さらにお客様からのサプライズも?!怒涛のサプライズにお2人も感激!リライフの中で繰り広げられる青春ドラマさながら、撮影中も大変仲の良かったキャスト陣の掛け合いに、会場まるごと高校の放課後のような楽しさに包まれました!

★★DSC_6598

4/15(土)より『ReLIFE リライフ』としての公開に先駆けて、プレミア完成披露試写会イベントが開催!満席で埋め尽くされた会場に、今、女子高校生を中心に絶大な支持を集め、大活躍中のシンガーソングライター・井上苑子の書き下ろし新曲「メッセージ」が流れ、W主演の中川大志さん、平祐奈さん、そして、千葉雄大さん、池田エライザさん、岡崎紗絵さん、古澤健監督が登壇。客席からはきゃあ〜という歓声が上がり、手を振って歓声に答えているキャストたち。「映画いかがでしたか?」という中川さんの質問にアツイ拍手が。そして、不器用過ぎる女子高生・日代のモノマネを披露した平さんは、”かわいい!”という声が飛び交う中「すごくドキドキしてましたが、みなさんの顔をみてほっとしました」とコメント。さらに会場をヒートアップさせたところでイベントが始まりました。

★撮影中のエピソード、思い出のシーンについて
中川さん:27歳役を演じることを初めて聞いたとき、びっくりしましたね。現役の高校生として、等身大で学生役を演じることが武器だと思ってましたから。なので、今回は千葉くんに近づくようにとにかく、研究して、想像力を働かせて、ヒゲ生やしたり、ヒゲどうでした?(会場から:かわいかったです!面白かったです!かっこよかったです!)自分のヒゲ…いや、ウソでした。(笑)

平さん:今回演じていた日代は、普段の私と真逆すぎて不安でした。人が本当に好きなのにこの作品では笑顔を封印しなければならず、撮影が入って最初の3日間は変な披露がたまっていたました。本当に(日代は)難しい役でした。ニタリ顔とか。

中川さん:そうです。僕にも「今回日代役なので、いつもと違う感じでいるから」と言ってきて、いつもとは違ったシーンになっていたんですが、それを、また、イジるとノッてきてくれて(笑、会場にも笑が!)

千葉さん:今回、中川さんとは逆に、27歳で17歳を演じる役でした。中川さんから「27歳ってどんな感じですか?」と聞かれたりしましたが、僕は参考にならなかったみたいで(会場に笑い)お役にたたず残念でした。(笑)

池田さん:一番思い出に残るシーンは、保健室のシーンです。悩みが多い役で、初めて本当の気持ちをぶつけたシーンでした。どこまで悩んでいたんだろうと私自身も悩んでいたところでしたが、監督やスタッフ、キャストのみなさんがあったかい空気を作ってくれたので、すごく思い出のあるシーンでした。

岡崎さん:私は文化祭のシーンが一番思い出のシーンです。コッペパンズというバンドの中、ベースを担当する役でしたが、ベースの持ち方もわからずで難しかったんですが、1ヶ月ほど練習してやったので、印象的なシーンです。

監督:ええ…と(撮影現場を振り返るところで)

中川さん:監督がこの作品で一番リライフしてましたよね。

監督:そうですね。こんな学生時代を送っていないので、こんな青春いいな〜と思いましたね(笑)

平さん:花火大会のシーンでも監督が浴衣を着ていらっしゃて、一緒になって楽しみたい気持ちが伝わってました。雨のシーンでも、”みんなで頑張るぞー!”と、同じ気持ちに寄せてくださるアツイ監督さんで、たくさん助けていただきました。

★撮影の中、気づいた共演者の以外な一面について
千葉さん:現場でよく、ばーち、千葉くんとか言われたんですが、平さんは「ゆうさん」って呼んでくれて親しみを感じました。天真爛漫な感じの人だなーと(笑)

中川さん:この場にいない、高杉さん。まっひーは、現場でチャラオーガ(チャラ男+劇中役名:大神)のキャラクターなのに、実際はネクラで、真面目なイメージだったので、一所懸命にテンションをあげていたのが面白かったです。

平さん:(中川)大志くんとは、13歳から毎年共演していて、同い年だけど私より”大人”という印象が強かったんですが、今回の撮影現場でストーブにおせんべいやマシュマロを焼いてわいわいしながら食べている姿をみて、少年みたいっていうか、等身大の可愛い部分をみつけました。(笑)

★卒業を迎えているW主演の二人へ「卒業」にちなんだ「〇〇を卒業します」トーク
中川さん:現場ですぐ食べ物を焼いちゃったり、みなさんに甘えてしまったりするところがありましたが、少しずつ大人になりたい気持ちで、こどもって言われないよう「こどもを卒業します」!(会場がシーンとなる)あ、この空気は忘れないようにします。(笑、会場にも笑いが!)

平さん:18歳にもなったので、落ち着きがないところを卒業します。(会場にへえ〜)本当に落ち着きないですよね。何かをしないと気がすまない。(中川:「そんなことないよ〜、ねー千葉くん?」と平のモノマネを披露すると、千葉:「そんなことないよ〜」と同じく平のモノマネを披露。会場が爆笑!)(笑)

千葉さん:インドアですかね。(岡崎:「あ〜かぶった!」とコメントしたとたん、会場にも笑いが!)

池田さん:中国語を覚えよう、習い事をしよう、言うだけで結局なにもやっていないことが多いので、今年こそは、料理とかをやりたいです。いま宣言したから、SNSに積極的にあげるようにします。(笑)やるやる詐欺を卒業します。

岡崎さん:この場にいない高杉さんもそうだろうなと思いますが、インドアを卒業します。(笑)外に、積極的に出て、ぶらぶらしたいです。

中川さん:そういえば、撮影時間以外は、インドアの人が多かった現場でしたね。だから、みんなで釣りに行こう(会場に拍手が!)

そして、プライベートでも高校をリアルに卒業するw主演の二人に、サプライズ!!!!
なんと、”卒業証書型のケーキ”の登場です!!!!
千葉が出演者・監督・スタッフを代表して証書を読み上げ、会場にはアツイ拍手が。
そして、平が感動のあまり、号泣。

中川さん:本当にびっくりしました!(泣いている平さんをみながら)僕も同じ気持ちです。

平さん:あの…本当に、本当に、撮影期間中、受験もかぶっていて、みんなの応援で大学も無事合格するこができて…(会場に拍手)色んなことがよみがえってきてすみません…ありがとうございます。

★★DSC_6557

そして、おおきいスプーンで池田は平に、千葉は中川にケーキをすくい試食を。
「おいしい!」「最高!」と、食べあいっこする姿に、会場にいままでにないきゃーという悲鳴と歓声が!

最後、1週間で3000通も到着したお祝いコメントがスクリーンに投影され、

中川さん:卒業してちょうど1ヶ月経つのですが、直接こういう言葉をいただいて、また、キャストのみなさんに祝っていただいて本当に嬉しいです。

平さん:卒業式は来週ですが、やっと高校生活終わるんだなーと実感が湧いてきました。ありがとうございます。

★★DSC_6574

★★DSC_6581

★最後に
平さん:高杉くんがいないことが残念ですが、こんなにサプライズもしていただいたので、公開まで38日ですが、もっとたくさんの皆さんに(作品を)届けられるように頑張りたいです。一人一人のアツイ思いを、世代を問わず、たくさんの方に見ていただきたいです。

中川さん:昨日の夜にいただいた今日の台本が「なんか量が少ないなー」と思ってましたが、こんなサプライズがあるとは…本当にありがとうございます。僕自身、学生として演じた最後の作品で、まさか、27歳役になるとは思ってなかったです。自分にとってチャレンジでもあって、楽しかったですし、新しいものが作れたんじゃないかと思います。本当に素敵なチームで、思いを込めて作った映画です。公開に向けて、みなさんの力をお借りして一緒に盛り上げていきたいです。今日ありがとうございます。

最後、会場の観客に向けて手をふるキャストら。それに必死になって手を振りながら見送る観客たち。お互いの気持ちが通じ合い、たっぷり青春あふれる歓声披露イベントは幕を閉じました。

<イベント概要>
『ReLIFE リライフ』完成披露
日時:3月8日(水)※上映後イベント
登壇者:中川大志さん、平祐奈さん、千葉雄大さん、池田エライザさん、岡崎紗絵さん、古澤健監督さん